とりあえずクリックして色々見てみて卍
  • 200万円稼ぐ
  • ちんこが小さい
  • 彼女が欲しい
  • セフレが欲しい

【ツライ】彼女の嫉妬はどうすれば?彼氏に嫉妬する女性心理を解説します★

どんなお付き合いにも、仲が深くなってくれば「嫉妬」は付き物。

 

多少のヤキモチは可愛いものですが、時に波乱を生む女性の嫉妬には頭を悩ませる男性も、多いのではないでしょうか?

今回は、そんなヘビーな彼女の嫉妬の正体と攻略法を
女性目線で語っていきます★

サンタ郎

女性にまかせました笑 
オススメマッチングアプリ
1.pairs(ペアーズ)  ★★★★★
登録者1000万人突破!!!真剣な恋活や婚活を希望する男女が集まる超人気マッチングアプリです。
アプリで恋人を探すなら間違いなく利用すべきアプリ。僕の知人はこれで結婚しました。

2.イヴイヴ  ★★★★☆
完全審査制アプリですがLINE交換出来るサークルがあるので、入会出来れば出会える確率がUPします。
LINEだけ交換に徹して費用を抑える事も出来るのであなたに合った出会いが出来るオススメアプリ

3.ペイターズ  ★★★★☆
モデル級美女が登録しているp活寄りアプリ
お金を払ってでも美女と出会いたい人ならダウンロード必須の人生逆転アプリです。

▲年齢確認まですれば無料体験可能です▲

嫉妬をする側もツライ?なぜ、嫉妬してしまうのか?

嫉妬をする側もツライ?なぜ、嫉妬してしまうのか?

まず、ひとつご理解いただきたいのは
嫉妬する側も、嫉妬している自分を良くは思っていないんです。

むしろイヤ!笑

 

それでも、嫉妬がやめられない要因の核になっているのが
「自分に自信がもてない」の、ほぼ一択なんですね(´・∀・`)

 

元々、劣等感が強かったり、人に裏切られて傷ついた過去があったりとそうなってしまった原因は様々ですが、

嫉妬してしまう側も
感情をコントロールできずに、好きな人に当たってしまう自分を良くは思っていない場合がほとんどです。

 

そんな劣等感から生まれやすい嫉妬の心理を、もう少し深く解説していきましょう。

すべては劣等感から?彼女の嫉妬が伝えるメッセージとは

すべては劣等感から?彼女の嫉妬が伝えるメッセージとは

彼女の嫉妬には必ず隠されたメッセージがあります。

ですが男性側が察する事は難しいと思いますので、女性目線で1つずつ説明していきますね。

①自分に自信がない。彼氏のナンバーワンでいたい。

自分に自信がないからこそ、「彼氏にその自信を埋めてもらいたい」と思っているが故に嫉妬してしまう。

他の女の子より、友達より、家族より、彼氏にとっての一番大切にされる存在でいたい。

嫉妬には、こういった「他と比べてしまう」という行為から生まれる劣等感が根底にあることがほとんどです。

 

この劣等感に関しては、相手がどんなに彼女を大切に思っていたとしても拭いきれないものなのでけっこう厄介なものです。

②不安な気持ちを、わかって欲しい

嫉妬を抱く女性たちは
そんな不安な気持ちを、「どうにかわかって欲しい!」と思っています。

そして、それが激しくなるにつれてアナタを束縛しようとしたり行動をチェックするようになる。

イヤなんです。

 

嫉妬を抱くと、不安で不安で仕方なくなる。
「私以外見ないで!!」って心の中で叫んじゃいます。

特に嘘や隠し事をされるともう不安を抑える事が出来なくなります。

関連記事:恋人に嘘をつくとバレた時、【嘘つき】として信用&関係が終わります

 

「うわあ、、、」と思ってしまった男性諸君も、ご安心ください★

そんな嫉妬モードに入ってしまった彼女と
どう向き合っていくのがベストか、解説していきます!

彼女の嫉妬ポイントを押さえる

彼女の嫉妬ポイントを押さえる

嫉妬深い彼女、、、だったとしても、嫉妬の引き金となるポイントは人によって様々です★

 

まずは、彼女が嫉妬モードに入りやすくなるシチュエーションや言動は覚えておくようにすると

ウッカリ引き金を引いてしまった時も、アフターケアがしやすくなります!

 

例えば、、、

①他の女性を褒める言動をした時

「あの子かわいい〜!」といった、他の異性に鼻を伸ばす姿は
お互いに、あまり気分のよいものではないですよね笑

「嫉妬させたい」キモチから、ついついやってしまうこともあるとは思いますが
その積み重ねで、逆鱗に触れることも、、、( ;∀;)

 

特に、容姿を比較したり乏しめるような言動は絶対にNGです!

ウッカリそのような言葉が出てしまった場合は、かならずその後すぐに
「でもアナタの方が魅力的!」と、言葉でハッキリ伝えてあげて下さい。

 

このアフターケアがあるかによって、今後の展開が間違いなく変わってきますよ★

②仕事や友達を優先した時

いくら相手を大切に思っていても、仕事も友達も同じくらい大切ですよね。

だからこそ、「私と●●どっちが大事なの?!」なんて言われないために
日頃から、ちょっとずつでも彼女との時間を作ることが非常に大切です。

③「おはよう」「おやすみ」のメッセージのやり取りをする

「この日は忙しいけど、この日は会える」と、事前に会える日を伝えておくなど、

「アナタとの時間を、大切にしているよ」

という安心感を持たせるには日頃からこういった「伝えることをマメにする」ということが相手の不安を取り除くのに必要なコミュニケーションです★

④他の異性と交流があった時

浮気目的のデートは論外として、仕事や交友関係のなかで
異性と交流があることは、仕方のないことですし
それは恋人であっても、制限をする権利はありません。

 

ただ、やはり嫉妬のトリガーにはなりやすいのが
それを彼女が見える場所で、行われてることですね(´・∀・`)

 

 

ただ、こればかりは変に隠れて行なおうとするほど
不信感は募りますし、浮ついたキモチはなかったとしても良い印象はありません。

 

特定の異性に対して嫉妬をする彼女なら、できるだけ早めに
その異性は恋愛対象でないことをハッキリ伝えることをしておきましょう。

 

また、SNSなどを通してのやり取りに関しては
あまり公に見える場では行わないのが無難です。

 

「相手が何なのかがわからない」といったものが、彼女にとっては一番不安で嫉妬のトリガーである。

と、いうことを覚えておきましょう(´・∀・`)

 

関連記事:一生一緒にいたい彼女を大切にする方法【17選】

理想は可愛いヤキモチ★嫉妬を激化させな
いために。

理想は可愛いヤキモチ★嫉妬を激化させな いために。

それでは、以上を踏まえたうえで
最後に、嫉妬をより良い2人のスパイスにするためのコツを語っていきます(^ ^)

彼女が不機嫌になったら、、、速攻のアフターケアを!

彼女が嫉妬モードに入ってしまったら、アフターケアは兎に角スピードが命です★笑

 

気をつけたいのは、いくら険悪な雰囲気になってしまったとしても
アナタまで一緒に不機嫌にならないことです。

 

「それでもアナタが魅力的!!大好き!」と、明るくハッキリと伝えてあげて下さいね。

 

女性は特に、こういった言葉の力には弱いです。
たくさん褒めて、自信をもたせてあげてください♪

周囲に彼女の存在をアピール

親しい友人や家族には、彼女を積極的に紹介してあげた方が
女性の不安を解消でき、嫉妬は起こりづらくなります。

 

お互いのコミュニティをシェアできるようになると、安心感も生まれる上に依存関係になりにくくなるんですよね(´・∀・`)

 

できるだけ一対一だけの関係を作らないことが、長続きするコツです。

異性関係の話は、ほどほどに。

異性関係の話を、まったくシャットアウトするというのは逆に不自然なので

相手が不機嫌になるポイントを押さえた上で、話をするようにしておきましょう★

 

はじめの方で伝えたように、「他の誰かと比較をする」といった行為は冗談でもやめた方が良いです!

 

「なにがイヤか」がわからない場合は、わからないままにせず聞いてあげましょう。

歩み寄ろうとする心が見えれば、相手もかならず安心してくれます。

 

 

時に波乱の原因となる嫉妬も、よりよくお付き合いすれば良き恋愛のスパイスとなるもの。

 

よりよい関係をつくる勉強と思いながら、付き合っていけると良いですね^^

彼女に嫉妬させない方法はウザがらない事

以上、

女性目線からの嫉妬を回避する方法を語ってもらいました。

  1. 自分に自信がない
  2. 過去遊び人だった
  3. 元カノへの未練
  4. 嘘付き

嫉妬の原因は極端なものや複合的なものまで様々ですよね。

 

嫉妬を解決するにはまずは何が不満で不安なのか解決する必要がありそうなので、彼女の気持ちを聞いてあげる事が最重要事項となりそうです。

 

問題が分からないと解決しようがないですからね。

 

彼女の嫉妬をウザいと感じてしまう事もあると思いますが、嫉妬には嫉妬する理由があるのでうまく向き合っていきましょう。

 

心理学的にただの嫉妬は「彼女も同じ事をしているから」気持ちが分かり、束縛しようとする傾向があるので注意ですが、

過去にあなたが何かをした上での束縛は、あなたへの信頼が欠落した上での結果なので向き合う事があなたの義務です。

 

恋愛関係は、

マンネリやセックスレス、嫉妬、価値観、様々な要素が衝突して崩壊します。

 

全てを合わせる事は無理ですが、潰せる部分に関しては解決していくのが望ましいでしょう。

 

僕の恋愛失敗談からの体験記事を反面教師にみなさんはより良い関係を築いて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です