【【女性クリック禁止】コロナ中の暇つぶしTOP4】コロナ中の暇つぶしTOP4
  • 200万円稼ぐ
  • ちんこが小さい
  • 彼女が欲しい
  • セフレが欲しい

テクノブレイクの教科書【オナニーで死ぬのは本当?】

テクノブレイクオナニー

悩む男の子

テクノブレイクという言葉を知ったけど、実際にオナニーで死ぬとなるとちょっと怖い…。本当の意味や方法などテクノブレイクについて情報が欲しいです!

 

 

こんなお悩みを解決します。

 

 

本記事の内容

  • テクノブレイクの意味
  • テクノブレイクの方法
  • テクノブレイクは嘘?
  • テクノブレイクの事例

 

 

本記事の信憑性

この記事を書いている僕は、現在オナニー歴25年ほどです。
当ブログは、様々なオナニーに詳しい僕の知識と友達の内科医師の監修のもと作られています。

 

 

今回は、テクノブレイクの知識について必要な事実とオナニーで死なない方法を解説していきます。

 

 

実際に「テクノブレイク(オナニー死)って起こるコトなの?」という疑問ありますよね。

 

 

そんな方に向けて、テクノブレイクである可能性が高い事例も含めて下記でご紹介していきます。

 

 

それでは早速、紹介していきます!

 

テクノブレイクの意味

 

テクノブレイクとは、

「オナニーのし過ぎで死亡」という風俗サイトの嘘ニュースが元ネタで、後に大型掲示板の2ちゃんねるでスレッドを立てられたのがキッカケでした。つまりテクノブレイクというのはネットスラングのひとつです。
意味は、オナニーを長時間行うことによって性ホルモンが過剰に分泌されることにより、身体に異常が起こるというものです。オナニーのやりすぎが原因で死に至るというものです。

 

 

つまり、まとめると….テクノブレイクは医学用語でもないので公式に載っていることはありません。ただしオナニー中になくなった人がいる!という訳です。

 

 

 

それでもテクノブレイクのような症状で毎年200人~300人程度の人間が死亡していると言われているのです。

 

 

 

その理由を解説します。

テクノブレイクの死因

飲酒などの血管負担が挙げられます。
飲酒は血圧を引き上げる原因で、それにオナニーによる血圧向上の効果が加わり、血管に大きな負担がかかります。

 

 

テクノブレイクの原理は、性的興奮により急激な血圧の上昇が起きるというものです。

 

 

 

男性が1回のオナニーを行うと、心臓への負担は100mの距離を全力疾走するのと同じくらいであるとされています。

 

 

その程度なら、1回のオナニーだけで死に至ることは考えにくいですが、テクノブレイクによる死者は1日のうちに10回以上のオナニーを行っているとされており、身体にかかる負荷は大変大きなものです。しかし、ただオナニーをするだけで死亡することはありません。

 

 

もともと持病を持っている場合に、性的興奮による性ホルモンの分泌や血圧の変化が加わることで、死亡に繋がることがあるといわれています。

テクノブレイクが年々増えている理由

近年のスマホやパソコンの普及、インターネット環境の向上により、アダルト動画などのコンテンツを用いてオナニーを行う若者が増えています。

 

 

予想しやすいですが、オンライン上でいつでも気軽にオナニーできる現代病の1つともいえますよね。

 

 

ちなみに、、、日本人は20代から60代の男性に多くみられているそうです。
オナニーをする年齢の男性全てがテクノブレイクにかかる可能性があるという訳ですね。

 

 

同時に、相手がいなくてもオナニーで性的欲求を満たせることから、男性の間ではオナニーをやりすぎてしまう人も増え、その結果テクノブレイクによって死亡する男性が増加しているといわれています。

テクノブレイクの方法

 

テクノブレイクになってしまう人の特徴(方法)をご説明します。
これはいたって簡単です。

 

ずばり、オナニーをし過ぎないことです。
テクノブレイクがオナニーを何十回もしたために起こるのであれば、無理なオナニーの回数を多くしないことです。

 

健全な男性が医学的に解明された平均的の射精の回数

米国の男性医療従事者約3万人の調査から、射精する回数が多い男性は、少ない男性に比べて前立腺がんになりにくいことが分かった。調査を行った米ハーバード大学公衆衛生大学院のジェニファー・ライダー氏らによると、1カ月当たりの射精回数が21回以上の男性では、4~7回の男性に比べて前立腺がんを発症する危険性が2割前後低かったという。

引用:yomiDr.(ヨミドクター)

 

つまり、1ヶ月に21回が適正な射精回数になります。
この数値より多い人がテクノブレイクの可能性が高いという訳です。

 

オナニーの世界大会『マスターベータソン』

オナニーの世界大会『マスターベータソン』は知っていますか?

 

 

オナニーに関する知識を高め、オナニーに対する羞恥心や禁忌心を払しょくすることを目的としたこのイベントでは、オナニーの継続時間、回数、飛距離などが競われており、実際にこの大会での記録をもとに世界記録も誕生している訳ですが…

 

 

なんと、継続回数の世界記録は、9時間で31回!←強者

 

 

コレが人間の最高記録です。
この人は、テクノブレイクにはなっていないとのことです。
このペースでマスターベーションをするとテクノブレイクになりやすい…。という訳です。

テクノブレイクと腹上死

腹上死とは、

実際に性交中に死亡することは珍しく、むしろ行為を終えた直後から数時間内に死亡することが多い。また、自慰行為によって同様の死にかたをする者が腹上死による死亡者の約8%を占めるといわれる。

引用:wikipedia

 

テクノブレイクの死亡理由は医学的には腹上死と言われています。
テクノブレイクは、性ホルモンの過剰分泌で死んでしまう症状です。

 

 

そしてこれには医学的な根拠はありませんでした。
しかし腹上死には自慰行為(オナニー)によって死ぬ場合があるようです。

 

 

ちなみに腹上死は、心臓疾患によって起こる症状でもあり、オナニーによって、心臓発作などの可能性があります。

 

 

つまりテクノブレイクを医学的にいうと、オナニーのやり過ぎによって腹上死の死因で死亡するのであります。

テクノブレイクは嘘(フェイク)???

テクノブレイクは嘘(フェイク)???

 

ここまで読めば、ある程度テクノブレイクのことを知れたと思います。

 

 

冒頭でも説明しましたが、テクノブレイクは「オナニーのし過ぎで死亡」という風俗サイトの嘘ニュースが元ネタで、ネット上で生まれた”造語”です。

 

 

ここで、テクノブレイク=嘘(デマ)とうことがある程度予測している人も多いのでは無いでしょうか?
このフェイクを医者目線で解説します。

 

テクノブレイクを医者的にみると?

「テクノブレイク」は、長時間のオナニーによって、性ホルモンの過剰分泌を引き起こす症状。
時に死を招くという。

 

 

しかし、これは医学的な定義がされていません。
医者は「そうした状態が本当に存在するのか分かりません」とした上で、「疑問点が多い」と否定的な見解を持ちます。

 

 

  • 自慰行為の回数
  • 死をもたらした「性ホルモンの過剰分泌」

 

 

この2点を誰がどうやって計測したのか、ということです。

 

 

 

「研究をするにしても、目的が不明で、医学者や研究機関が関わったとはとても思えません。被験者が集まるとも考えられない…。」

 

 

男性が死亡した話が正しいのであれば、射精の回数、行為の前後での性ホルモンの分泌量の変化を測った人がいることになる。
何回射精をしたか、と突然死した人に話を聞けない。その人が残したメモがあったというのだろうか。

 

 

さらに、死因とされる性ホルモンの過剰分泌に触れ、こう断言する。

 

 

「性行為中の突然死は、医学的に認識されています。しかし、それが起こるとされる理由とは、全くかけ離れたものです」

 

 

このように、医学的にみると”フェイクだったとしてもおかしくない”というのが、リアルな医療現場の声なのです。

 

テクノブレイクの事例

 

テクノブレイクの事例

 

最後に実際に起きたテクノブレイクの実例をあげていきます。

 

ブラジル人16歳の事件

アメリカのメディアの「97.7」によると、

 

16歳のブラジル人の少年が過度のオナニーにより、死亡をしたと発表。

 

 

この少年はなんとオナニーを42回連続で行った後に亡くなってしまったようです。

 

 

この少年の母親の証言によると、少年は日頃から異性に対して人並み以上の興味を示しており、人種や体形、年齢関係なく、全ての女性に性的興奮を感じていたそうです。
母親は以前からこの少年の異常なほどの性欲に気づいており、医師に相談をする予定をしていたそうです。

 

 

残念ながら医師に相談をする前に、このような事態が発生してしまいました。

 

ドイツ人毎年100人の死亡

イギリスのニュースメディアのDaily Mail Onlineによると、ドイツでは毎年約100名の死が、オナニーに関するものだそうです。

 

法医学調査官のハラルド・ボスは、自己官能的な死の最も一般的な理由は、酸素を奪うことによる究極のオルガスムへの欲求であると述べました。

 

 

彼の研究によると、危険なオナニーの慣習により、全国で毎年80人から100人の人々が誤って亡くなっています。

 

 

これは、100万人のドイツ国民ごとに、性行為中に刺激を高めるために小道具または装置が使用された死の例が1〜2件あるという調査結果に基づいています。

 

日本人男子高校生

宮城県在住の男子高校生が、上半身のみ衣類を着用した状態で死亡しているのが男子生徒自身の部屋で発見された。

 

 

宮城県立病院の診断によると、精巣内から過度の精子が分泌され、脳波が興奮状態に陥った時に心肺が停止したと見られる。

 

死亡解剖の結果、この日青年は数十回にも及ぶ自慰行為をし、性ホルモンの過剰分泌が原因で急死したという。医学では性ホルモンの過剰分泌によっておこる症状を総称し、『テクノブレイク』と言われている。

 

 

信じるか信じないかはあなた次第

あまり聞きなれない『オナニー死』だが、東京23区だけでも1年間に20~30の例、全国で200~300例はあると推測されているそうです。

 

 

しかし腹上死やオナニー死というのは死因(疾病・損傷)ではなく、状態を指す言葉で、死亡した場合は病死・変死として扱われるケースもあるため、 実際の数はこれよりも多いというらしいです。

 

 

またさらに、行為の途中や終わってから数時間たってから心臓発作や水分不足によって死亡するケースも多いそうです。

 

 

一概に『テクノブレイク』というとオナニーの途中死、または回数に注目が浴びるのですが(メディア的にはその方がおもしろいから)、オナニーによって心臓に持病も持っている人などの死も影響されているので、医学的に説明が難しいのだと思いました。

 

まとめ:テクノブレイクの教科書【オナニーで死ぬのは本当?】

テクノブレイクは、”フェイク”や”身近な病気ではない”と考えがちですが、実はオナニーに間接的に影響はあるというのが見解です。

 

テクノブレイクにならないためにも、自分の身体の状態をしっかりと把握しておくようにしましょう。

 

 

若いころは健康でも年をとればそうとは言えなくなってしまいます。
自分では健康なつもりでも、実は心臓が弱っていたり血管が衰えている可能性もあります。

 

それを知らずに若いころと同じペースと回数でオナニーをするのは大変危険です。
改めて『アウトブレイク』を頭に入れて、オナニーライフを楽しむ必要があると思いました。

 

以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です