とりあえずクリックして色々見てみて卍

【動画クリエイター必見】著作権フリー音楽サイトまとめ

YouTubeに限らず動画作りに必須なのがBGMです。

どんな動画にも耳を澄ませると、背景音声(バックグラウンドミュージック)が付いています

今回はそんなBGMの中からフリー素材著作権のない音楽、いわゆるフリー音源ダウンロードサイトをまとめました。

紹介にあたりBGMについて軽く触れてみます。

BGMの効果

・コンテンツの質が上がる

音楽が流れることにより、ホームビデオ感がなくなり、より番組風になります。

・間が持ちやすい

静寂の中で会話をやめてしまうと、その間はただ音のない時間です。これを意識してしまうと会話を途切れさせないよう必死にはなりますが、ひたすら話している動画になりなんだかせわしない印象になりやすいです。

ここに音楽が流れることで、間があったとしてもその間を音楽がカバーしてくれるので違和感がなくなり、ゆったりとした撮風景に仕上げることができます。

・ブランディングに繋がる

Hikakin(ヒカキン)さんや、Hikaru(ヒカル)さん、禁断ボーイズさんを見たことがある人はお分かりかもしれませんが、動画内で毎回同じ音楽を流していますよね?

ヒカキンさんのエンディングBGMなんて、僕がえっちょいサイト見てるとその広告の音楽に使われていたりしますからね笑

ですがその音源を他のユーチューバーが使うと、ファンが◯◯さんの音楽をパクるな!』とよく炎上させてきます。

そう、これがブランディングです。

フリーミュージックでも自分のテーマソングだと思わせる事で、自分の印象をより強固にする事が出来ます

またその音楽が視聴者の嗜好とあえば、一種の中毒状態になり、『また動画見たいな(あの音楽の掛かった雰囲気好きだな)』と思わせる事にも繋がります。

アーティスト音源使用は禁止

Justin Bieber(ジャスティンビーバー)が好きだからといって、やたら滅多に『baby』を流していいわけではありません。

アーティストの歌には所有権、つまり著作権があります

個人で楽しむ旅行のダイジェスト動画でしたら問題はないのですが、YouTube動画や不特定多数が視聴するコンテンツに音楽を付ける場合は利用料を支払わなければいけません

こうなるとカラオケで歌っている動画なら良いのか?という質問が浮かびそうです。

そうですよね、音源はカラオケで歌手は自分ですから。

ですが、結論から言うとダメです。

今度はカラオケ権利が絡んで来てしまいます。

これをクリアするにはUUUM Network(ウームネットワーク)に加入する必要があります。

加入する事でJoysound(ジョイサウンド)のカラオケ音源であれば自分の動画で使用できるようになります。

もう1つの方法は自分で演奏し、自分で歌う方法です。

これにより音源も歌も自分のものなので、楽曲使用の条件をクリアする事が出来ます。

 



 

フリー音源サイトまとめ

・フリーBGM(音楽素材)無料ダウンロード|DOVA-SYNDROME
https://dova-s.jp/

・フリーBGM・音楽素材 MusMus
http://musmus.main.jp/

・著作権フリーBGM(音楽) – Hurt Record
http://www.hurtrecord.com/bgm/

・BGM素材|著作権フリーの無料音楽素材ダウンロードサイト「ミュージックノート
http://www.music-note.jp/bgm/index.html

・Youtube オーディオ ライブラリhttps://www.youtube.com/audiolibrary/music

ひろさんタのひとこと

YouTuber(ユーチューバー)をしているひろさんタ(@hirosanta_com)も、フリー音源をよく使用しています。

僕はサイトをお気に入りせず、その都度探していたのでみなさんに共有しつつ、今回自分のお気に入りサイトまとめてみました

効果音や、歌付きの音楽まで、探せばかなりの種類の音源があるのでみなさんも是非ご自身のコンテンツ作りに使用してみてはいかがでしょうか?

僕の夢はいつか授かるであろう子供の動画をドラマ仕立てに編集する事です。笑

いつになる事やら!( ̄▽ ̄)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です