【絶対クリックしてしまう】最初に読んで欲しい記事10選

LINE(ライン)が仮想通貨事業に乗り出すと発表! すぐ投げ売りするならもう辞めちゃえば?

最近オワコン疑惑が嘆かれていた仮想通貨ですが、ビッグニュースが飛び出しました。



LINE
がコインチェックのポジションを狙ってか、仮想通貨事業参入発表したのです。

それに併せひろさんタ(@hirosanta_com)なりに連日の悪い報道の裏で仮想通貨をとりまく現状未来を解説していきます。

仮想通貨の現在

Coin checkハッキング騒動で「仮想通貨 怪しい」というキーワード検索が増えており、世間一般的には仮想通貨は危なく詐欺まがいのものだという印象が蔓延しているのが現状です。

これは仮想通貨の優位性報道せず
マスコミにより偏った情報ばかり日夜報道されている事も原因にあります。

 



 

仮想通貨の下落の理由・実情


下落の原因を作っているのはマスコミに踊らされている、情報弱者火傷を恐れたイナゴの群れです。僕の周りの方々は全員ホールド中ですし、なにより価格の下落について言及をしていません。
下がるたびに、ロスカットしていてはただの養分にすぎません。

また窮地に立たされているよう報道されている仮想通貨ですが、
悪い噂の裏で企業は仮想通貨を事業とリンクさせる計画着々と進めています

 

“仮想通貨が終わっていない”事実の裏付けとなったニュース 【ラインの仮想通貨事業参戦】

その裏付けにもなったニュースが冒頭にもある通り、LINE仮想通貨取引所などを始めとする金融事業に本格的に乗り出すという発表した事です。
またそれに伴いLINEは金融事業関連の新会社『LINE Financial』の設立も決定済みです。

▼techcrunch : LINEが仮想通貨事業などの金融事業への参入を本格化、新会社を設立
http://jp.techcrunch.com/2018/01/31/line-built-a-new-financial-company/

取引所のほかに保険、ローン等の金融サービスを展開し既存アプリ:LINEとの連動でよりユーザビリティーに特化した安心・安全・便利な金融サービスを開発していくそうです。

今回含め、多くの企業が仮想通貨事業に参入に向けて着々と動き出している事が分かります。

ひろさんタの意見

世間では仮想通貨終わった等のコメントが散見されます。

ですが今回の騒動はブロックチェーン技術そのものに問題があるわけではなくハッカーや詐欺師等の悪人が暗号通貨を取り巻いていることから今回の仮想通貨のマイナスイメージに繋がっている事は確かです。

もちろんセキュリティー対策を怠っていたコインチェックにも責任がありますが、はっきりいって盗むやつが悪いのも確かです!
財布が開けっ放しで置いてあったからといって、現金を抜き取っていい理由にはならないわけですし。

今回のニュース・企業動向から察するに、ブロックチェーンは企業にとって革命的な技術であり今後も多くの企業が導入することが見込まれそうです。

僕個人としての意見は、この一時的な下落や騒動で『仮想通貨は詐欺だ』『終わった』とつぶやくような人達は投資をやるべきではないと強く思います。

この数年でここまで高騰したことが異常であり本来であれば時間をかけて価格高騰していくものです。

それを『何百倍、何千倍、億万長者』と言うキャッチコピーのみを見て参入したユーザ達が、その期待値に合わない結果を目の当たりにし吐き捨てた言葉がこれらのネガティブイメージに繋がっています

こういった言動・行動は結果として仮想通貨の発展を妨げる事にも成りえます。『すぐに儲けたい!!』という方は、今すぐ利確して元の生活に戻ることをお勧めいたします

仮想通貨が浸透したら戻ってきてください。それまでおやすみなさい。笑

ちなみに僕は儲かればいいなぐらいで、100万円の借金は別の方法で返していくつもりです。(どうせ借金するなら増える可能性のあるものに入れたほうがいいですし)

思ったよりもスピード感のある企業参入だったので今後の企業の動向に注目です!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です