とりあえずクリックして色々見てみて卍

【買うなら一生モノ】買い物をする時のススメ

どうもひろさんタです。

みなさんはモノを買う時、何を基準に購入されますか?


『価格』『質』『量』『素材』判断基準は様々だと思います。

これは生活環境によっても判断のされ方が変わっていくるものだと思います。
学生の方であれば質より量でしょうし、社会人の方であれば量より質富裕層の方は質・量・素材
基準を広げるほど値段も上がっていきますので上記の選ばれ方は当然といえば当然ですよね。

僕も昔は何を買うにも質より量と価格重視でした。
ですが食料を買う際は量を重視していました。

 



 

健康な食生活を実現するにはそれなりに値段がかさみます。
なのでただ食べて生きる分には量に重点を置いても何の問題もないという事です。
さらにこれはむしろ節約に繋がる事の方が多いので貧乏人は食費削って投資しようぜマインドからこの様にしていました。

ですが僕がモノ(雑貨、服、ガジェット)を買う時は、自分で決めたマイルールの元購入しています
マイルールに従った結果、無駄遣い商品の劣化破棄が減り節約にも繋がっています。

そのマイルールとは
『買うなら一生モノ』です。

ここに至る経緯としては、
以前はGU安くてかっこいい(?)雑貨・衣類を愛用していた僕ですが。
毎年同じよなモノを購入している事に気付きました。

その理由は、コートが毛玉だらけで生地が潰れたような感じ、ニットが擦り切れている、シャツがヨレヨレ等、理由は様々ですが、もって大抵1シーズン〜2シーズン

思い返すと、
『毎年同じようなもの買うってばかばかしいな…』
と思った事がきっかけでした。

同時にもう一つ気付いたのは、少し奮発して購入したVetment(ヴェトモン)のコートは毎年変わらず着れている事。良いものは劣化をあまりしないという事。

やはり安いモノには安いなりの理由があるんですよね。
昔輸入業に携わっていた時に、流行りの服の仕入れ原価が安いのなんの!
よくアパレルショップでMAX80%オフセールなんてしていますが、あれでも利益が取れるくらい。
そう考えると流行りの『ファストファッション』というのは、使い捨ての1シーズン物という方程式が僕の中に組みあがりました。

 



 

それを機に物を購入する際は、素材価格を見るようになりました。
質が分からなければ、価格が高い方を選び、何歳になって身につけていても違和感ない物的を絞って購入しています。
ゴミ箱買うのに2年間探して6000円の物を買いましたしね笑

結果としては、毎シーズン買っていた服も買う事がなくなり、気分で買い換えていた備品も買い換える必要がなくなった事でお金も時間も節約出来ています。

『とりあえず100均で買っとこう』は絶対もう一度買い換える事に、または最悪何度も買い換える事になるので論外ですね。

今回紹介させていただいた方法は効率重視の買い物方法です。
毎年、流行にあった装いをしたいという方には同意を頂けないかもしれませんが、倹約家のみなさん!
是非参考にして頂けたら幸いです。

 

「節約ゼロ」で毎月3万円貯まる! 貯金ドリル

新品価格
¥1,188から
(2018/1/10 00:53時点)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です