【絶対クリックしてしまう】最初に読んで欲しい記事10選

右開きと左開きってどう判断するの?

本や教科書を人生で本を手に取った事の無い方はかなり稀だと思います。
大人になり、そんな本の話題に付随して出てくるのは、“右開き”、”左開き”の判断の問題です。

仕事の書類をまとめる際、上司『その書類を左開きでまとめといて!』と言われた時、
みなさんは右開きと左開きを即座に判断できますか?
恥ずかしい話、僕は出来ませんでした。

読んで字の如く『左が開く』ものが左開きだと思っておりました
完全赤っ恥です笑

なので今回は自身への備忘録も兼ねて、『何開きかを一瞬で判断する方法』をまとめてみました。
判断を早めるという意味では、御託を並べても仕方がないので、直感的に覚える方法になります。

 



 

右開き・左開き判別方法

1.”右開き=右が閉じている”と覚える

下の写真を見て下さい。

この本は表紙からみて右が閉じていますよね?
じゃあコレは右開きの本です。


逆に下のような“左に閉じている”本は何開きでしょうか?
そのとおり!左開きです

この方法を用いれば見た瞬間に『何開きかを見分けられます。』

2.右にページを捲る=右開き

直感的に理解できないという方はこちらの方が適しているかもしれません。
まず本を手にとって下さい、そしてその本をめくってみて下さい。
そのページを捲った方向が、答えです。
つまり
『右に向かって開くから、右開き』、逆もしかり『左に向かって開くから、左開き』
うん、イージーですね。

まとめ

僕は①の方法を使って(というか無意識に刷り込ませた)普段判断していますが、好みの違いはあると思いますのでより合った方を使われてみてはいかがでしょうか?
逆にもっと良い方法があるという方は教えてくださると幸いです。

では最後に問題!
これは何開きでしょうか?

おめでとうございます!!

そう!右開きです!!

今日から大丈夫ですね!
もし間違えてしまったという方は、記事をもう一回読み直して下さい笑
ではでは〜

▼参考サイト

・とっしゃんのおもロジカル
間違いやすい「右開き左開き」の覚え方
https://tossyan.com/migibiraki-hidaribiraki/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です