とりあえずクリックして色々見てみて卍

【世界一丁寧】Binance(バイナンス)取引所使用・登録方法 5分で登録

どうもひろさんタ(@hirosanta_com)です。

今回は初心者から上級者みんなに愛されている暗号通貨取引所バイナンスの登録方法を紹介します。

5分以内に取引開始できます!

BINANCE(バイナンス)とは

バイナンスとは中国・香港の仮想通貨取引所です。

20177月にオープンした後、急速に規模を拡大して、取引高世界一までに成長しました。

処理速度やセキュリティ対策など技術面で高い評価を受けており、世界中で多くの支持者が存在します。

Binanceはジャオ・チャンポン氏によって立ち上げられた取引所で、バイナンスが発行するBNBトークンで格安の手数料で取引が行えるなど、これまで先進的な取り組みが行われてきました。

Binanceが有名になったのはビットコインのハードウォーク(分裂)です。
ハードウォークが発表されると、すぐに分裂した仮想通貨を取り扱うことを明言したのです。

その結果、ビットコインの預け先としてBinanceが選ばれることになりました。

さらに、このことが話題となり、知名度もアップ。
なんと2018年の年明けには新規登録者があまりに多いため、システムが追い付かず、一時的に新規登録を中断する事態が発生してしまいましたが、数日で新規登録は再開されました。

バイナンスがいかに人気かを表す出来事として話題になりました。



Binace取り扱い通貨一覧

ひろさんタが初めてICOで買った航空システム系のAeronアーロン/アエロン
二番目にICO投資した仮想通貨融資サービスLEND(EthLend)イーサレンド

みんな大好きCardano(ADA)エイダFUEL(Ether Party)GAS(NEO GAS)LSK(Lisk)

丸の内OLさんが大好きPOWR(PowerLedger)パワーレジャーTRIG(Triggers)WAVESTRN(Tron)トロン

話題の通貨がほとんど取り扱われています

独自トークンBnb(Binance Coin)バイナンスコインの取り扱いもあります。
※バンクエラでいうBNKのような独自トークンです。

所有メリットは、BNBを利用して取引手数料を支払うことができ、0.1%とただでさえ安い取引手数料がBNBで支払うと0.05%と半額になります。

取引手数料分のBNBを購入するコイナーが多く必然的に流動性が上がる仕組みをとっています。

また一年毎にBNBによる手数料割引割合が低下していくので、価格下落が懸念されています。

ですがバイナンスがBNBを買い戻し、Burnする事によって最終的に1億BNBに抑えると発表しているので大きな下落にはならず逆に資産価値が高まり高騰に繋がると予想されています。

バイナンスを利用するなら買いのトークンです。

口座開設のメリット

世界中で人気のバイナンスですが、それでは口座開設することのメリットをひとつずつ取り上げていこうと思います。

取り扱い銘柄が100以上

バイナンスの大きなメリット取引できる銘柄が多いことです。ビットコインやイーサリアムなどメジャーな通貨はもちろんですが、あまり知られていないマイナーな通貨(草コイン)も数多く扱われています。

その数100種類です。
数多くの選択肢の中から取引通貨を選べるというのは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

取引手数料が業界最安クラス

取引手数料が安いことも大きなメリットと言えそうです。

バイナンスでは取引時にかかる手数料はどの通貨も一律0.1に設定されています。さらに、バイナンスが発行する独自のトークン、「BNBトークン」では取引手数料が0.05%になっています。デイトレードやスキャルピングなど、1日に何度も取引する投資スタイルにも十分に適用可能です。

強固なセキュリティー

さらに、バイナンスではセキュリティ対策にも力を入れています2段階認証の設定が可能なことはもちろんですが、仮に2段階認証を解除されても、48時間は出金できないようになっています。

某取引所で発生した通貨流出騒動によって取引所の安全性を心配する声は多くあがっており、安心して取引できる環境を求める投資家が大勢います。そんな方にはうってつけの取引所だと言えるでしょう。

このようにバイナンスで口座開設するメリットは数多く存在します。反対にデメリットについては、日本語に対応していないことや日本円を入金できないことがあります。
※現在翻訳システムの設置で実質日本語対応しています。

しかし、圧倒的にメリットの方が大きいと考えられます。
ぜひこの機会に口座の開設を行いましょう。

 



口座開設手順

はじめに

バイナンスの口座開設はメールアドレスがあれば、本人確認不要ですぐに口座の開設をすることができます
ただし、この段階では、引き出し限度額が2BTCに限られてしまいます。そのため、本格的な取引を行うためには、本人情報の入力や本人確認書類の提出は必須となります。

口座開設の手順は次の通りです。アカウントの登録⇒2段階認証の設定⇒本人確認書類の提出

本人確認書類の提出は、2段階認証の設定が完了した後でなければ行うことができないので、必ず2段階認証の設定は行ってください

二段階認証はPCからしか行えない為、スマホの方は登録後パソコンから設定しましょう。

口座開設するには、バイナンスの公式ページにアクセスしましょう。

バイナンス公式サイトへ

1.日本語翻訳機能を使う

日本語化機能はPCのみです。

TOPページメニュー右上の”G文”ジー文、、自分を押します!

Website Translator(サイト翻訳)という文字下の言語を選択タブを選択。

言語選択画面が出てくるので【日本語】を選択

直訳の文に変換されニュアンスで読めるようになります。

発射台ってなんやねん笑

2.登録情報入力

残念ながらスマホは現在、日本語の表記はないので英語の表記で手続きを進めていくことになります。少しややこしく感じられるかもしれませんが、ひとつひとつ確実に作業をこなしていけば難しいものではないので安心してください。

公式ページの右上にRegister(登録)と表示されているので、これをクリックします。次に、登録画面が出てくるので入力していきましょう。

Email メールアドレス。何でもOK

Password パスワード。なるべく複雑で推測されにくいもの

Confirm Password パスワードの確認

ReferralID   ここは何もしなくてOk(18839392)

これらを入力したら、一番下の「Register(登録)」をクリックしてください。

次にパズルが表示されるので、空欄にピッタリ合うようにピースを動かして下さい。

ピースが合えば先ほど入力したメールアドレスにメールが届きます。
※万が一届かない場合、迷惑フォルダも確認しておいてください。

【Binance】Confirm_Your_Registration_From_1111167556786456767“のタイトルのメールが届いています。

・届いたメールには「Verify Email(メール認証)」というオレンジ色のボタンがあるのでこれをクリックしましょう。

次にアカウントが有効になった旨の通知画面が出てきます。

画面には「Login(ログイン)」のリンクがあるので、これをクリックしてください。
これでアカウントの登録が完了です。

PCの場合全部にレ点同意し【私は>>続け、理解します】を選択 笑

3.二段階認証を設定

次にPC公式サイト上には2段階認証の案内画面が表示されます。

出なければ人形アイコンをクリックし、【Account】を選択し【Google Authentication】を選択ましょう。

仮想通貨の取引所では不正にログインされ、通貨を盗難されるリスクがあります。
これを防ぐためにも、2段階認証は必ず行っておいてください。

 

2段階認証はスマホアプリのGoogle認証」がとても便利なので、そちらを選択しましょう。まだダウンロードしていない方は、画面に表示されている「Download App」からインストールしてください。

iPhoneユーザーは「App Storeから、Androidユーザーは「Google Playからです。

App Store

Google Play

次に「QRコードをスキャンしてください」に表示さているQRコードをアプリで読み取ります。

MEMO
ここで注意してほしいことは、QRコードしたにある16ケタのシークレットコードを保管しておいてほしいということです。

2段階認証を行うときは、スマートフォンが必要になるのですが、もしスマホが紛失や故障で使えなくなったときに、16ケタのシークレットコードを入力しなければなりません。

画面キャプチャやメモで保管できたら、アプリでQRコードを読み取りましょう

スキャンすると、アプリには6ケタの数字が表示されます。この数字は60秒ごとに変化していきます。次に「③Enable Google Authenticater(Enable 2FA)」に表示されているオレンジ色のボタンをクリックしてください。

次に3つの空欄が表示されるので、それぞれに記入して、最後に「Enable Google Authenticater(Enable 2FA)をクリックしましょう。

Google 2FA 16-digit Key  (先ほど保管した16ケタの数字(シークレットコード)を入力)

・ログインパスワードを入力してください (最初に設定したパスワードを入力)

・二次検証コードを入力してください (QRコードをスキャンしてアプリに表示される6ケタの数字を入力)

これで2段階認証の設定完了です。

これで安心して取引を行うことができるようになりました。ただし、この段階では引き出し限度額が2BTCです。ここからは、引き出し限度額を上げるために本人情報の登録と本人確認書類の提出を行っていきます。

4.本人確認認証

本人確認を行う場合、まずは「Account」をクリックしましょう。

次に「Submit Verification Document」をクリックします。

個人の方は「Personal法人の方は「Enterprise-levelをクリックしてください。

次に「Type」で「International」を選択して以下の空欄に入力していきます。

First Name      (アルファベットで下の名前を入力)

Last Name     (アルファベットで名字を入力)

Gender       (性別を選択)

Country And Territory  (国籍を選択)

Passport ID      (パスポート番号(旅券番号)を入力)

次にパスポートの表面と裏面の画像をアップロードしましょう。

アップロード時の注意点としては有効期限が過ぎていないこと、文字が読み取れるようにハッキリと写っていること、サイズが100KB~10MBの範囲であることなどが挙げられます。

次にIDセルフィ―を提出します。
IDセルフィ―とは本人確認書類と自分の顔を撮影した写真のことです。スマートフォンのインカメラを使用したり、誰かに撮影してもらったりして対応しましょう。

また、パスポートを持っていない方でも、運転免許証で同様の手続きを踏めば本人確認書類として使用可能なので安心してください。

撮り方
・パスポートを手に持ち旅券番号と顔写真の載ったページを開きます。
・自分とそのページが写るように調節しツーショットを撮ります。
・異性と遊園地へ来た感覚で楽しみましょう♫

 



バイナンスによる審査が完了すれば、上限100BTCでの取引が可能になります。

実際の取引は、日本円による入金はできないので、ビットコインなどの仮想通貨を送金して行うことになります。
そのため、国内の取引所を開設しておく必要があります。開設した取引所で通貨を購入して、その取引所からBinanceに送金するという手続きを取ることになります。

以上が口座開設の手順でした。
手軽な手続きで、世界的人気の取引所が使えるようになります。

使用方法

1.取引所移動

メニューのExchange(取引)を選択

2.取引使用通貨選択

画面右上に下記画面があります。

BTCETHBNBUSDT建ての取引が可能です。

選択し、検索から欲しい通貨をクリック。

選択した通貨の画面(今回はCNDを例に話を進めていきます)に切り替わるので、取引を始めましょう。

Cindicatorあった今日気づいた。。欲しいっ!

3.通貨購入

Price:レートを選択(1CNDを何BTCで買いたいか選択)

Amount:購入したいCNDの量を選択

MEMO
25,50,75,100%とありますが選択すると、保有通貨(今回だとBTC)のパーセンテージ分で購入可能なCNDの枚数が自動入力されます。残りがちな端数を残したくない場合100%選択すると便利

 【Buy CND】を選択し売り板と合致すれば取引完了です。

話題の草コインを仕込みまくりましょう。
【取り扱い通貨】であげたものがなにげに個人的おすすめコインだったりします。

 



ひろさんタの一言

様々なしがらみから日本語対応が廃止されてからハードルが高くなった取引所ですが、Google翻訳で抜け道を用意してくれているので存分に使っていきやしょう。

各ブロガーの紹介しているおすすめコインの大半ここで取引出来るので、開設だけでもしておくのがグッドです。

仮想通貨再ブームが来た際にまた新規登録停止になりかねませんからね。。。

とりあえずBNKも取り扱って流動性が上がってくれる事を祈ってます。

バイナンスをモロパクリしている取引所『Cryptpia(クリプトピア)』も使用感はほぼ同じなので、取引可能通貨の拡大をしたい方はおすすめです。

ニュージーランド取引所 Cryptopia(クリプトピア)とは 口座開設・入金・使用方法まとめ

クーコインは開発一覧が削除されて、逃げる疑惑が浮上しているので危険かも。。。
かもなので冒険者は探索してもいいかも

香港発! KuCoin(クーコイン)取引所開設使用方法まとめ 海外取引所に抵抗のある君に届け

一般ピーポーがCCGoxで拗ねて離れている今仕込んでおくのも一興かなと思います。

今回初の外注依頼の記事だったのですが、1文字2円の単価を稼ぐ為の蛇足が多すぎる。笑
修正が面倒だったのでほとんど残しましたが、補足やリライトしたことを考慮すると自分で書いた方が早かった….

この記事制作費4000円だったので、みんな4000回は読んでね☺️

ではバイバイちゃ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です